外観検査

ビジョンセンサを活用して製品の傷の有無や欠け、印字不良等の検査を行います。
ビジョンセンサを活用することで作業者の目視検査と比較して、検査レベルの均一化を図ることが可能となります。

・基盤組立後の不良品検査

・賞味期限の印字検査

・バーコードによる製品状況管理

・部品の穴あけ寸法、位置検査

TO WARDS-FUTUREでは外観検査テストを行っております。
製品の良否検査が可能か否かの判断や適切なシステム状況の判断が可能です。
外観検査にて良否判定ができるかどうか不安な際はお気軽にご相談ください。

テスト設備機器
撮像方式 モノクロ
ビジョン撮像範囲 MAX 340 × 340 mm
    解像度 1600 × 1200